「神・時間術」をやってみよう1〜最新の脳科学情報満載〜

樺沢紫苑さんの「神・時間術」を読んで
私が実行しようと決めたこと3つ!

1 朝活をする
2 待ち合わせの約束の30分前に行ってカフェで一つタスクをこなす
3 寝る前は英語のフレーズの暗記、朝一で英語の音読をする。

ちなみに、神・時間術出版記念講演会の動画も見たので、本には書かれていない内容もあります。

1 朝活をする

最近、すぐ近所にスタバができて嬉しくて、これを機会に憧れの朝活を一人でやろうと決めました。ひとり朝活です。週に2回くらいのペースで。

そんなとき、たまたま並行してこの本を読んで、樺沢さんがいう「脳のゴールデンタイムは朝起きてから2〜3時間」というのがとても実感できました。
しかも、家で朝活をしてもいいのだけど、「カフェに来る」ことで頭がよりクリアになる気がするし、まず、テンションが上がります。そして、何だかいつにない「ひらめき」もある!いつもより文字が進むすすむ!
家でも集中できてて何度かこのまま家でやってしまおうかなと思ったこともあったけど、決めたことはとにかくしばらく続けてみようと、エイっと出かけました。コーヒー代を節約するとか考えるのはやめて、出かけました、笑。
やっぱり、成果が違います。
コーヒー代の価値はあることを実感!
「朝時間」と「カフェ」!

あと、もうひとつ大事なこと!
「せっかくの脳のゴールデンタイムを、メールのチェックとか返信とかに使わないこと。自分にとって一番大切な、集中が必要なことに使う!」
なるほど〜でした。
たくさんの最新の脳科学の情報が盛り込んであり、納得です。

続きは明日

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします