石庭と睡蓮の龍安寺〜

今日は、龍安寺の石庭を訪れました。

仁和寺の目の前のお店でランチをして、「きぬかけの路」と呼ばれる道を、(趣のある名前のわりにただの道路ですが、笑)龍安寺まで歩きました。龍安寺は世界遺産です。この時期、睡蓮が見ごろとのことで、それも楽しみに行きました。

ただ、睡蓮は、早朝から花びらを開き、昼過ぎには閉じるので、午前中にいくのがお勧めだそうです。それを知らなかったので、ランチをしてから訪れてしまいました。開いてる花がチラホラでこんなものかなと思いながら写真を撮って帰ってきましたが、あれは、もうかなり閉じたあとだったんですね。失敗〜(涙)。
睡蓮の見頃は、9月中旬まで続くようなので、リベンジしたいです!

風薫る季節でとても気持ち良く、青もみじと木漏れ日がキラキラととてもきれいでした。


石庭。しばらく待つと縁側に座ることができました。

水戸光圀寄進のつくばい。吾唯知足(ワレタダタルヲシル)

この日は、娘とおむつ替えや授乳が必要な、生後4ヶ月の孫も一緒だったのですが、係の方に、オムツ替えができる場所がありますかとお尋ねしたところ、トイレにその整備はなかったようで、なんと、奥の和室に案内してくださり、のびのびとおむつを替えができ、ゆっくりと授乳もさせていただきました。ホントに助かりました。感謝。
赤ちゃん連れにとっては、こんな情報も貴重ですね。また、是非訪れたいです。

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします