ほめほめ日記・5つの感謝のすすめ〜自己肯定感が上がります♪〜

私が、3年以上続いている習慣で、「ほめほめ日記」と「5つの感謝」を毎晩書くというのがあります。
寝る前に、今日1日を思い起こして、この2つをアプリを使って書いてます。

人の感情は、「怒り」「悲しみ」「不安」「喜び」の4種類に分けられるそうです。
感情にいい悪いはないのですが、このうち明るい感情は「喜び」しかなく、4分の3は暗い感情なので、ほおっておくと、人は暗い気持ちになってしまいがちってことですね。

以前は、日記というとつい愚痴、辛かったこと、悲しかったこと、ショックだったことになりがちでした。このふたつだと必然的に明るい日記になってとても良いです。
たとえば、誰かにきついことを言われたときにどうしても何か書きたくなった時も、「5つの感謝」に◯◯さんが、△△と注意してくれた、ありがとう!なんて書くことあります、笑。皮肉って書いてるわけではなく、ほんとうに、ありがとうと思うようにしてます。なんかいい感じです。

ほめほめ日記

私たちは、結構できなかったことばかり考えがちです。
あれもできなかった、これもできなかった。だめだなー。今日も●●忘れてた・・・・と。

でも、毎日褒めることを書こうとすることで、「よく考えると、あれもできたし、そうか、これもできた。◯◯さんのためにあのことでgiveもできた。私、よくやってる!えらい!すばらしい!」といろいろと気づくことができます、笑。本当はいろいろできてることもたくさんあるんですよね
正しく認識できて、自己肯定感アップです。

自分を責めがちな人、なぜか女性に多いような気がしますが・・・、自己肯定感が低い人には特にオススメです。私もそうでした。

「今日もブログ更新できた、すごい!」「今朝もお弁当を作って持たせた。素晴らしい!」「今日も遅刻しなかった、えらい!」などなど、笑。

5つの感謝

感謝の気持ちの大切さは、みんな知ってるけれど、ついつい当たり前になって、感謝の気持ちを忘れがちになります。
寝る前に、今日1日を振り返って5つ探してみてください。

5つ考えていると、つい時間がかかるので、最近は2〜3個しか書かないことも多いのですが、やり始めた時は、頑張って21日間毎日ほぼ5つずつ書きました。
「21日間続けると習慣になる」っていいますよね。それで、頑張って書いていたのですが、すごく毎日幸福感でいっぱいになりました。「5つの感謝」には、そういう効果があるとあとで聞いて、すごく納得しました。また、5つ書くようにしてみようかな。さらに幸福感アップするかも^^

どうしても何もないような気がしても、

・今日はいいお天気ですごく気持ちよかった。感謝。
・クロネコのお兄さんの笑顔が素敵で、癒された。感謝。
・娘が、笑顔で元気に学校から帰ってきた、感謝。
・◯◯さんがおはようと先に声をかけてくれた。ありがとう。

などなど、なんでもいいのです。

なーんか最近、鬱々としてるな、元気が出ないなあと思ったら・・・、大抵の場合、「ほめほめ日記」「5つの感謝」をしばらくさぼっているときです、笑。
で、早速再開すると、元気になれます。あっ、もう一つ、効用があって、朝の目覚めがいいことです。いい気分で元気に起きられます。多分この習慣のおかげです♪
これは、とてもいい習慣だなと気に入っています。

で、いろんなアプリで書いてきたのですが、今は「10年日記」というアプリを教えてもらって、とても気に入っています。

次回はそのアプリを紹介します。

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします