カナダ🇨🇦バンクーバー旅行記2〜gas townギャスタウンの蒸気時計〜

いよいよ、バンクーバーへの出発の日です。前の記事はこちら。
18:00→19:15 伊丹空港発・羽田空港着
21:50→14:55 羽田発・バンクーバー着

約10時間のフライトでした。
4/30の夜出発して、同じ4/30の15時ごろに着きました。(時差は16時間)

↑最初の写真は、入国審査が終わり、荷物を受け取って、外に出るとこの像が出迎えてくれました。

↑空港とダウンタウンを結ぶ「スカイトレイン」の乗り場は、空港の3階で専用通路で直結しています。

↑私たちはウォーターフロント駅(終点)に向かいます。約25分です。

↑スカイトレイン乗り場

↑ウォーターフロント駅です。素敵な駅でした。

ホテルは、ここから3〜4分の「The Faimont Waterfront」

着いたのが、もう夕方だったので、今日は、シューズをお買い物に行ってから、軽くホテルの周りを散策して、ディナーを楽しむ予定。早速、街へ繰り出しました。

ウォーターフロント駅から10分くらい歩いていると、石畳の道路、煉瓦造りの建物というレトロな雰囲気のgas town(ギャスタウン)にやってきました。写真は、街のシンボルである蒸気時計です。15分ごとに汽笛を鳴らしています。

つづく♪

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします