コレステロールの日本の診断基準と世界の診断基準〜コレステロールって下げたほうがいいの?No.5

⒌日本の基準と世界の基準

日本と米国の基準を比べてみましょう。

  • 日本の診断基準(日本動脈硬化学会)
    LDL-C≧140mg/dL
  • 米国の診断基準
    LDL-C≧190mg/dL(男性)

実は、日本人の心筋梗塞死亡率は、欧米の数分の1です。それにもかかわらず、何故か基準値は米国よりも厳しいのです。
日本人もせめて診断基準がLDL-C≧190mg/dlになると、たくさんの人がコレステロール低下薬を飲まなくてよくなります。

つづく

《コレステロール関連記事のリスト》はこちらの末尾

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。