薬局窓口での糖質制限食相談〜

ところで、

最近、薬局で、患者さんによく糖質制限食のお話をしています。

今、病院では、糖尿病の食事指導はどんな指導が行われているかというと
薬局に来られる患者さんたちから得られた情報では、
昔ながらの「カロリー制限食」か
ほとんど栄養指導はしない(一番最初に栄養指導を受けたきりとか)
のどちらかの感じです。

ほとんど栄養指導をしない先生がだんだん増えてきている印象があります。
すみません、調査したわけではなく、個人的な感想なのですが。

ただ、今の職場では、
なんと、糖質制限を指導されている先生の処方箋を結構受けてます。でも同じ病院の先生でも、全く食事指導をされない先生もいらっしゃいます。先生次第ですね。

それで、自称「糖質制限を実践している」患者さんとお話ししてみると、徹底して実践されている患者さんは少なく、ゆるーーく糖質制限をしている患者さんがほとんど。
あと、「糖質制限」と「カロリー制限」が区別できておらず、ごちゃまぜになっている患者さんが、かなり多いです。

で、最近はまず、「糖質制限」と「カロリー制限」の違いからわかってもらうように話をしています。

“唐揚げはokですよ!
油はとってくださいね。
お肉も野菜もごはんを減らした分だけ増やしてくださいね。”

なんとなく油(カロリー)はダメ⇨揚げ物ダメのイメージで、唐揚げもダメと思っている人多いです。

えっいいの?
えっそれならできそう
といい印象を持ってもらえてます。
(ただし、フライは小麦粉・パン粉がついているのでNGです。)

あと例えば、
「どうしてもおやつ食べたい時はこんにゃくゼリーを食べてるの、あれならいいかなと思って。カロリーも低いでしょ。」
カロリー低いことと、糖質が低いことはまた別で、しかも、「こんにゃく=カロリー低い」のイメージだけでと思いますが、
実際は1個25Kcal、糖質も6.2g。
3個食べれば20gと糖質がけっこうあります。カロリーも75Kcal(ご飯茶碗4分の1)
「こんにゃくゼリーは、実はけっこうお砂糖入ってるんですよ」
「カロリーは高くてもいいので、糖分の入ってないものを選びましょう。」

キャンディーチーズ、果物、ナッツなどなどがOK。
おやつを何かどうしても食べたい時、唐揚げでも、ゆで卵でもとにかく糖質の低いものならなんでも食べていいんですよって言ったら、「えーー?唐揚げでもいいの?チーズもいいの?」「そうかわかったー!」と元気に帰って行かれた方もいました。

あまりに食べ過ぎはダメだけど、いつもついついアイスや饅頭を食べてしまうと言われてたから、まずは切り替えからですね。

とにかく、まず最初は糖質制限の理解からですね。

最初は、「糖質制限ねえ、難しいよ」と言われてた患者さんが
「わかった、じゃあやってみる!」といって帰って行かれると嬉しいですね。

医療に関する前の記事はこちら。

↓がん治療

↓薬局窓口で

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします