「血圧の薬、もっと優しいのがいいんですが・・」

今日の薬局での一コマ。

81歳のおばあちゃん。3ヶ月ぶりに来局されました。
☆ノルバスクOD5mg 1錠 1日1回朝服用。 35日分

夏の間は血圧が下がって、薬が減ったり飲まなくてよくなったりする方は多いのですが、このおばあちゃんも一旦中止になって、家で血圧のチェックだけしていたそうです。偉い!

薬はできるだけ飲みたくないと思っていたけど、どうしても160以上になってきて昨年から飲み始めていたそうです。
で、夏に中止できて喜んでいたけど、また、涼しくなってきたら160/80くらいになってきて、今日は受診しましたとのこと。

今日出た薬は6月まで飲んでいたおんなじ薬。
この薬は5mg錠ですが、2.5mg錠もあります。よくよくお話を伺っていたら、以前この薬を飲み始めた時に、急に血圧が下がって、動悸がしたりしたから、もっと優しいのがないか、お願いしようと思ってたのに、先生に言い忘れましたーと。

そこで、「半分の量の錠剤もありますから、そちらを先生にお願いしてみましょうか?」とお話ししたら、お願いしますとのことだったので、電話で「疑義照会」しました。
で、患者さんの意向を伝え、2.5mg錠を提案したところ、OKをいただいたので、2.5mg錠をお渡しすることができました。

できるだけお薬を飲まずに、過ごしたい。できるだけ優しいのを飲みたいという姿勢や、考えは素晴らしいですね。大切です。

血圧は180を超えるようだと少し薬で下げた方がいいようですが、それ以下の方は特に他に疾患がなければ無理に下げない方が、生活自立度が高いという研究結果もあります。

このおばあちゃんも、2.5mg錠のまま涼しい季節をうまく乗り切れればいいなあ。

前回の記事はこちら。

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。