ラタトゥイユ〜ヘルシオホットクック×糖質制限食6〜

ラタトゥイユ

材料

玉ねぎ(2cm角切り)     1個
ナス(2cm厚さ半月切り)   1本
ズッキーニ(2cm厚さ半月切り) 半本
パプリカ赤(2cm角切り)    1個
厚切りベーコン        80g
トマト           2個
(キャベツ         小1/8個)
エリンギ          1本
にんにく(みじん切り)   ひとかけ
オリーブオイル       大2
ローリエ         1枚(入れなくてもOK)
全量の重さの0.6%の塩
(今回、全量1200g×0.6%=7.2g の塩。小さじ1=5gなので、小1.5弱)
黒胡椒、パセリ、バジルなどを少々

作り方

内なべに、ローリエを入れてから、残りを全部入れる。
手動 2-1 20分にセット、スイッチオン。
以上!
(トータル、30分強)


↑全てを入れました。

↑出来立て。いい感じのとろとろ具合。キャベツの芯もやわらか〜い。最後に、黒胡椒、パセリ、バジルなどを少々。

メモ

冷蔵庫にあった残り野菜で作ったので、レシピ本とは材料や量が違ってますし、自動だと時間がかかるので、手動で20分にセット。すごくとろとろだったので15分でもいいかもしれませんね。今度やってみます。
トマトは、缶詰のトマトより、生がずっと美味しいです。是非、生を。
トマトと玉ねぎがあれば、美味しくなると思います。他の材料はその時に冷蔵庫にあるものを^^
今日はローリエも入れ忘れ、コンソメはあえて入れませんでしたが、ホントーーーーに美味しかったです。
コンソメいらないと思う。ベーコンの塩分があるので、塩分は0.6%にしました。
ちょうど良かったです。

追記)スーパー糖質制限的には、玉ねぎ、トマトがすでに糖質やや高めなので、キャベツは入れないほうがいいですね。キャベツも少し高めです。うっかり、残り野菜で入れてしまいましたが。
この場合、ラタトゥイユと一緒に食べるものをしっかり低糖質なものにするように気をつければ、大丈夫ですね。

ロジカルクッキングの塩加減の法則

塩分がどのレシピも全量の○○%の塩分という表記になっているのは・・・。
仲間で作っている、「ホットクックを使いこなそう」グループは、水島シェフ直伝の勝間和代さんのロジカルクッキングに習って、基本は、調味料は全材料の重さ×0.8%の塩分です。スープ類は0.6〜0.7%。

その塩分を、塩、醤油、味噌などに換算します。
小さじ1の塩・・・塩分5g
大さじ1の醤油・・・塩分3g
大さじ1の味噌・・・塩分2g

私は、今↑上記の感じでだいたいの換算してます^^最初は苦手でしたけど、だいぶ慣れてきました。慣れてくると、自由自在な感覚になってきました!!内鍋が890gなので、全体を計ってから引いてます^^
3kgが計れる秤が欲しいです。いま2kgまでしか計れず不便。

*追記(2018.4.23)
その後購入しました!

他のレシピはこちら。
http://naoko3.com/archives/4315

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。