絵画「菜の花畑Ⅵ」〜ナターレ・アダミアーノ〜

前回の記事で、お話ししましたが、
「ぽるぷ(絵本)」のお話おばさんのおかげで、現在、絵のある生活をおくれています。

絵のある生活♪

↑作品名:「菜の花畑Ⅵ」
作家名:ナターレ・アダミアーノ
技法:カラーリトグラフ
Edition Number 53/150

見るたびに癒されます。
絵っていいですね。

ナターレ・アダミアーノ
1943年イタリア生まれ。男性。
イタリアの南部 プーリアの風景を好まれよく描き、この黄色い花畑は代表的な絵柄の一つ。

絵画の基礎知識

・カラーリトグラフとは、

リトグラフは版画の技法のひとつ。カラーリトグラフは多色刷り。 石を版に使うのでリトグラフ (ギリシア語で石をリトス、描くをグラフィコスという) と呼ぶそうです。18世紀末に発明された新しい版画の技法で、版面を彫ったり削ったりせずに表面が平らなまま製版するのがほかの版画と異なります。画家が直接版面に描くことができるためオリジナル性が高いとされる、凹凸がなく版が傷みにくいので大量に安く刷ることができる、などの特徴があります。

絵についてはこちらも。

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします