コレステロール値と「総死亡率」の関係〜コレステロールって下げた方がいいの?No.2

⒉コレステロールが低いと総死亡率があがる!!(Jカーブ現象)

名称未設定
参照http://www.nissui.co.jp/academy/eating/13/03.html

・J-LIT(Japan Lipid Intervention Trial)大規模臨床介入試験。
1992〜1999年日本全国約5万例の高コレステロール血症患者を
対象に、一般診療の場で6年間調査

実は「コレステロール値と総死亡率」をみた試験で、コレステロールが低いほど総死亡率が高くなるという結果が、日本だけでなく世界中から報告されています。
総死亡率が一番低いのは、総コレステロールが240〜259くらい。現在の220以下という適正基準よりだいぶ高めですね。総死亡率は260以上でも少し上がってますが、低すぎるほうが総死亡率はずっとあがっています。

※追記:つい数日前知ったのですが、2015/5/1に厚労省が、5年おきに改定する「食事摂取基準」の2015年版で、コレステロールの摂取基準を撤廃したそうです。つまり、コレステロールは1日◯◯mgまでと制限してきたことが、無意味だったと認めたわけです。
で、今回は日本動脈硬化学会も「食事で体内のコレステロール値は変わらない」との声明を発表して、それに同意したとのこと。

これは以前から日本脂質栄養学会が主張してきたことが、一部認められたということですね。

今まで、卵は1日1個まで!たらこやいかは食べないように!のように制限されて、大好きなものを我慢してきた方たちには、朗報ですね。あとで改めて、最新情報として加えます!

つづく

《コレステロール関連記事のリスト》はこちら

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします