友人の「NPO発足キックオフパーティー!」に参加しました〜「脳損傷患者さんに社会復帰の場を提供する」NPO〜

言語聴覚士である友人が「脳損傷患者さんに社会復帰の場を提供する」NPO法人の設立を決意しました!
その素晴らしい行動に、ぜひ応援したいし、そもそもNPO発足とはどういうことになるのか様子も知りたくて参加してきました。

彼女は、たくさんの「高次機能障害」の方々のリハビリ・社会復帰に関わってきた中で、現在の医療制度の届かない歪みで苦しんでいるたくさんの患者さんやそのご家族の力になりたいという想いがつのり、ついに「脳損傷者に社会的役割を、そして家族には心安らぐ場を」というテーマで、NPO設立に向けて活動を開始。来月1月に脳損傷患者さんの社会復帰クラウドファンドを立上げるそうです。
仲間は4人。言語聴覚士、国語の教師、元製薬会社MR、鍼灸師の方々。それぞれの強みを生かして、すごいです。

続きを読む 友人の「NPO発足キックオフパーティー!」に参加しました〜「脳損傷患者さんに社会復帰の場を提供する」NPO〜

胃ぐすりを漫然と飲んでないですか?

よく、「胃粘膜を保護するお薬」や「胃酸の出過ぎを抑える薬」が、ズーーッと何年間も出ている人を見かけます。
で、どんな胃の症状があるのか聞いてみると、全然症状なんてないとおっしゃいます。

痛み止めのような胃が荒れやすいお薬を飲まれていれば、副作用防止のために出されているのだと思いますが、特別に胃が荒れそうなお薬も出ていなかったり・・・。

・一度胃の調子がなんとなく悪くなって飲み始めて、それ以来患者さんも医師も気に留めなくて、ずっと漫然と飲み続けるパターン。

・胃酸が上がってくる逆流性食道炎になって飲み始めて以来、一度もやめてみることなくずっと飲み続けているパターン。

・あと、念のために胃が悪くならないように飲んでおきたいと医師に出してもらって飲み続けてる人。

お薬はできるだけ最小限がいいです!
副作用のない薬はありません。

調子悪いなと思った時だけ、数日〜数週間飲むというのが良いです。
症状が改善したらすぐに薬をやめましょう。

自分が飲んでいるお薬の中に、胃がなんともないのに何年も漫然と飲み続けている胃薬がもしあったら、主治医に症状は全くないのでやめて様子をみたいとお話してみましょう。飲んだ方が良いときは理由をお話ししてくださると思います。薬剤師にも相談してみてください。

逆流性食道炎の薬(PPI製剤)

特に、逆流性食道炎の薬である「胃酸の出過ぎを抑える薬」( PPI製剤)に関しては、イギリスでの研究で、1年以上飲んでいる人は大腿頚部骨折を起こすリスクが3割程度高かったとの報告があります。そのほかにもエビデンスの高い同様の研究報告が多数あります。
胃酸を抑えることで腸管からのカルシウムの吸収が抑えられることが関連しているのだと推測されています。
できれば、1年以内で中止できるのがいいですね。

ただ、難治性の逆流性食道炎で、長期間飲む必要がある人もいらっしゃいます。そんな人は、定期的に骨密度のチェックをしてもらいましょう。

ガスター

 (ジェネリック品名はファモチジン)(H2ブロッカー)

市販もされている「ガスター10」も逆流性食道炎に効果的で、よく出されていますが、このお薬は高齢者には「使ってはいけないお薬」になっています。
副作用に、まれではありますが「せん妄、幻覚」がありますよ。私も今までに4例ですが経験があります。認知症と間違えられてお薬が出ていたケースもありました。

それに関する記事はこちら

副作用のない薬はありません。
一つでもお薬は少なく飲みましょうね。

前回の記事はこちら

できるだけ飲まない方がいいですよ〜薬局での一コマ〜

できるだけ飲まない方がいいですよ〜薬局での一コマ〜

今日の薬局での一コマ♪

68歳の女性。風邪を引かれたようです。
☆PL 3g 1日3回毎食後 5日分

お話を伺うと、微熱だけで、鼻水も特に症状はないとのこと。

続きを読む できるだけ飲まない方がいいですよ〜薬局での一コマ〜

私の乳がん体験まとめ〜明るいがん治療〜

以前に、私の乳がん体験を5回に分けて記事をアップしましたが、全体の流れがわかりやすいようにまとめてみました。
一つ一つの記事にも飛ぶことができます。よかったら見てください。

続きを読む 私の乳がん体験まとめ〜明るいがん治療〜

「HbA1c7%→6.5%」と、さっそく効果を出した患者さん〜薬局での一コマ〜

今日の薬局での一コマ♪

78歳の女性。1ヶ月ぶりに来局されました。

☆メトグルコ250mg 2錠 1日2回朝夕服用。 28日分
糖尿病の薬です。
他にも血圧の薬を飲まれています。

続きを読む 「HbA1c7%→6.5%」と、さっそく効果を出した患者さん〜薬局での一コマ〜

「うつ」と鉄欠乏と高血糖1〜奥平智之先生〜

「女性と子供の食事栄養」 江部康二先生&三島学先生&奥平智之先生
という勉強会に参加してきました。

3人の先生方に共通していることは「糖質制限」の効果を理解、実践し、仕事に生かされていること。
糖質制限食のすごさに、驚くばかりです
一般の方向けの勉強会でしたが、きちんと、エビデンスを示しながらのお話に納得しました。
まず、最初の奥平智之先生のお話では、「うつ病と鉄欠乏、糖質制限の関係」ちょうど私が聞きたいと思っていたテーマでドンピシャ!

続きを読む 「うつ」と鉄欠乏と高血糖1〜奥平智之先生〜

「血圧の薬、もっと優しいのがいいんですが・・」

今日の薬局での一コマ。

81歳のおばあちゃん。3ヶ月ぶりに来局されました。
☆ノルバスクOD5mg 1錠 1日1回朝服用。 35日分

夏の間は血圧が下がって、薬が減ったり飲まなくてよくなったりする方は多いのですが、このおばあちゃんも一旦中止になって、家で血圧のチェックだけしていたそうです。偉い!

薬はできるだけ飲みたくないと思っていたけど、どうしても160以上になってきて昨年から飲み始めていたそうです。
で、夏に中止できて喜んでいたけど、また、涼しくなってきたら160/80くらいになってきて、今日は受診しましたとのこと。

続きを読む 「血圧の薬、もっと優しいのがいいんですが・・」

ジャパンハートの国際長期ボランティアとして活動するということ

友人が、9月末からカンボジアで国際医師長期ボランティアとして活動します。
小児科の立ち上げに参加するそうです!
彼女には大きな夢があり、その準備活動です。
その行動力、勇気、素晴らしい。憧れるし、尊敬します。
嬉しいので紹介させてください。

彼女は、仕事を3月に退職し、ずっとやってみたかった世界一周旅行を80日間かけて実行して、先日日本へ帰ってきました。
はーー、うらやましい、その行動力。

続きを読む ジャパンハートの国際長期ボランティアとして活動するということ

患者さんへの応対で反省したこと

ところで、
先日、患者さんへの応対を失敗したなあと思うことがありました。

患者さんへ応対の失敗

50代の女性、糖尿病の方で、HbA1c=6.7%でした。
HbA1cは糖尿病の通信簿のようなもので、だいたい目標は6.0〜6.5%。(ちなみに高齢者は7.0%)

なので、あとちょっとです。ほぼほぼいい感じです。

で、どんな食生活の取り組みをされているのか詳しく知りたくて、お尋ねしたのですが、あまり、お話ししてもらえませんでした。話は弾まず、「炭水化物を控えてます。ちゃんとやってます」と硬い表情のまま終わってしまいました。

続きを読む 患者さんへの応対で反省したこと