糖質制限(食事コンサル)で、忙しくて外食・中食が増えたのに疲れやすさがすっかり解消!No.5

2019年4月から食事のコンサルを始めました。
人生の後半を今よりももっとパワフルにワクワクと過ごすための食事改革です
クライアントさんの声をご紹介します^^

4回目から6回目までのセッションを受けていただいた時の感想です。

クライアントさんのプロフィール

50代前半女性
会社員
関西在住

クライアントさんの声

①受ける時の状況、思い、期待(3回のセッションを受けた直後)
・3〜4週目で甘いもの制限が崩れていくので、コンサルでリセットしたい。継続できる形を見つけたい。
・ホットクックを活用したい。
・魚のおかずを増やしたい。
②受けた後の状況、思い
・甘いもの制限は崩れがち。
・自分の献立、買い物サイクル(生協、食材の宅配)の中でのホットクック活用が見えてきた。
生協、食材の宅配+スーパーで葉物野菜購入という生活パターンができつつある。
少し魚も増えてきた。
ただ、仕事が忙しくなるとパターンも崩れて、外食、中食(惣菜、コンビニ)が増える。
外食、中食で選ぶ物は以前とは変化している。(糖質制限とタンパク質重視+野菜)
③コンサルを受けての感想
・自分のタンパク質量の少なさ。
・期間中、健康診断の結果が出てLDL値の上昇が気になりましたが、なおこさんに解説してもらうことで安心^ ^でも、知ってる人は少ない=不安に思う人が多い でしょうね。
・「砂糖はマイルドドラッグ」を実感。ちょっと手を出すと…歯止めがきかない。
甘いものと言っても何を手に取るかが大事。
④予想していなかった成果
食事に気を配る=自分を大切にしている=「自我」(ストレングスファインダー)=欲求を満たす。ストレングスコーチとのセッションでこの事に気づきました。
自我持ちなんです、私(2011年では3位、2017年で8位です)w
⑤こんな方におすすめしたい
・ストレングスファインダーで「自我」上位の方w
・LDLコレステロールなどが高くて心配な方

コメント

この方は、3食は栄養的にもさらに改善され、外食・中食が増えても無理なくゆるい糖質オフが習慣になられて、1番の目的であった疲れやすさはすっかり解決されました。あとはこの良い習慣がずっと続くように、スイーツのコントロールを無理のないところでもう少し強固にしたいですね
*クライアントさんより掲載許可をいただいています

*参照:ストレングスファインダーとは?

*参照:ホットクックとは簡単、美味しい、電気無水鍋です。

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。