「神社で開運」白鳥詩子著 を読んで、神社詣りが楽しみになりました。

運が向いてきたきっかけとは

この本は、たまたまある講演会の帰りにご一緒させていただいた方に教えてもらいました。
その方は、最近毎日神社詣りをしているそうです。そして、「神社ってお願い事をしてはいけないそうです。」「日頃の感謝を伝えるだけにするといいそうです」って。「で、毎日お礼を言いにすぐ近くの土地神さまや氏神さまに行っていたら本当に次々といろんないいことが起こってるんですよね〜」って。その方、確かにその講演会の後の懇親会で、とってもとってもいいことあったんです!
よかったですねーって声かけたら、そんな話になりました。
その日ももう22時前だったんですが、「今日も今から帰る途中、神社にお礼に寄ります」とおっしゃってました。

というわけで、この本を教えてもらいました!!
神社仏閣にあまり関心ある方ではなく、歴史も詳しくない私ですが、なぜかインスピレーションが働いてすぐ買って読んでみたら・・・・!なんだかワクワク楽しくなって、神さまの本で楽しくなっていいのだろうか思いつつ、京都観光でただなんとなく巡っていた神社詣り(ごめんなさい)が、俄然興味深く、楽しくなりました!

三柱(みはしら)の神さま

神さまは柱(はしら)と数えるそうです。

私たちが生涯をかけて絶対に大切にしないといけない神様はたったの三柱の神様だけです。氏神さま、産土神さま、土地神さま

氏神神社・・・先祖代々、氏姓、氏族が氏神さまを祀った神社、
産土神社・・・生まれてから7歳までメインで過ごした土地の神様を祀っている神社
土地神神社・・・今住んでいる土地を守っている神様を祀る神社。

今、早速私にとっての氏神神社、産土神社、土地神神社は、どこなのか調べているところです。

他にも、この本には、神さまに愛される方法や気持ちがほっこりするようないいお話がたくさん書いてあります。
私って日本人なんだなあっという、そしてそれがうれしいなあという気持ちまでしてきました。

伊勢神宮

今年は、ゴールデンウィークに伊勢神宮に参拝に行くことに決めていたのですが、この本を読んでいたら、「一生に一度はお参りしておきたい神社のナンバー1は伊勢神宮」と!!
その理由は、
伊勢神宮は、日本中の神々を統率される神様である、アマテラス大御神さまが鎮座されている神社だから。
そして、アマテラス大御神さまは、私たちすべての日本人の総氏神さま(住んでいる地域を守る神さま、神社)でいらっしゃるからだそうです。
伊勢神宮は、日本人にとって格別のご存在なんですね。

で、伊勢神宮のお詣りの仕方が紹介されてました。
この本とのご縁を感じます^^
参拝のお作法が紹介されている中に、「鳥居のくぐり方」として、「お邪魔します」と軽く一礼をしてから右か左によって・・・・(参道の真ん中は歩かない)と書かれていて、伊勢神宮では、そのようにしていたら、同じように一礼しているカップルがたくさんいました!なぜかカップルが多かったです。
私がそのことを知ったから、お辞儀して鳥居をくぐる人に気付くようになったのか?、もしかして、この白鳥さんの本がすごく流行っていてそんな人が急増したのか?どちらでしょうか??^^

ともあれ、ほんといい本ですので読んでみてください。日本人たるもの、ぜひぜひ知ったうえで神社参拝にいきましょう。

神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック (王様文庫)
白鳥 詩子
三笠書房
売り上げランキング: 15,446
神さまとつながる100の開運神社めぐり (王様文庫 B 182-2)
白鳥 詩子
三笠書房
売り上げランキング: 50,113

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。