「山ばな 平八茶屋」の麦飯とろろ汁〜夏目漱石・魯山人ゆかりのお店

瑠璃光院を後にして、訪れたのはこちら。

山ばな 平八茶屋
叡山電鉄の修学院駅から5分くらいです。

麦飯とろろ汁が美味しそうということで、選んだお店でしたが、正解でした!
450年の歴史のあるお店で、門から入ると、はらはらと女将さんたちが出てこられて、お待ちしておりました〜とお出迎えしてくださいました。

部屋に入ると12時なのに、貸切状態で、川沿いの景色の素晴らしい中、もうしわけないくらいでしたが、とてもゆっくりできてくつろげました。

ここは穴場的存在。
麦飯とろろ汁やぐじ(甘鯛)が名物のようです。

麦飯とろろ汁、とても美味しかった。私はご飯を半分にしていただきました。(糖質制限してるので)

↑歴史のある門 名前忘れました。


高野川のせせらぎが聞こえます


↑「麦飯とろろ膳
この平八茶屋の麦飯とろろ汁は、創業以来の名物料理で、壬生狂言でも演じられているそうです!


↑かま風呂
かまぶろ内の温度は摂氏55~60℃、湿気のある和風サウナ 人気みたいです。

夏目漱石ともゆかりが深く、「虞美人草」や「門」の中にも、ここ平八茶屋が出てくるそうです!

1泊2日で3万円代。
食事も美味しく、人気のかま風呂もあり、穴場的存在でゆっくり過ごせる。
何かの記念日などに家族で泊まれたら嬉しいなあ♡
いいところ見つけました!

つづく。

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。