京都の夏の風物詩「暁天講座」、出町ふたばの豆餅、貴船の川床料理〜京都小旅行その3

2日目。

京都の夏の風物詩 暁天講座

この夏の時期、京都のお寺さんでは「暁天講座」が毎年開催されているのをご存知ですか?

暁(あかつき)とは夜を三つに分け、最後の三番目を表すことばで、暁天は「夜明けの空」という意味である。季節はこれから小暑(しょうしょ)、大暑(たいしょ)へと続いていく。そのような夏真っ盛りの早朝に、静かで清涼な寺院に集い、座禅を組んで精神を集中し、法話に耳を傾けるのが暁天講座である。

 参照:コトバJAPAN

友人にぜひお勧めと教えてもらっていたので、チャンスとばかり行ってきました。
基本、予約は要らず無料です。

この日は6つのお寺で開かれていましたが、座禅もある「東福寺」に行って参りました。
6:00〜座禅 6:30〜法話「白隠禅画をよむ」

朝は4:30起きしました^^ 清々しい朝。
座禅は初体験。下調べもせず行ったので、次回は警策(きょうさくっていうんですね。あの肩をバシッと打つこと)を受けてみたいと思いました。自分から合掌してお願いもできるようです。

白隠禅師は知らなかったのですが、「達磨」の絵は有名ですね。
白隠禅師,興味深い方のようです。また調べてみようと思います。

「非日常」感を味わえました。ぜひまた機会を見つけて行きたいです。

出町ふたばの豆餅

 IMG_2289
豆餅がおいしいと評判の「出町ふたば」へならぶ覚悟で行ってみました。ところが全然ならんでなくて、あれっと何故かガッカリ。笑。お店の人にそれとなく伺ったら、この暑さのせいですかねえと。列ばずにすんでラッキー!と思い直して、豆餅と田舎大福を買いました。糖質制限と言いながら、今日は解禁です^^

豆餅はお塩がきいた自然な甘みで、本当に美味しかった。田舎大福もよもぎの香りが鮮烈で、上品な甘さ。添加物のない美味しさでしょうね。夜まで残っていた1個は表面がカサカサになり始めてました。一日もたないですね。買ってすぐが一番美味しいそうです。知らなかった。今回食べたのは2〜3時間経ってから。次回はすぐにお店の前の鴨川沿いで食さねば!

貴船の川床料理

IMG_2327

豆餅をGETして、そのまま出町柳が始発の叡山電車で、貴船口へ。

直前の予約だったので、やっと予約できたのが「右源太」さん。 11:30から。 実際に行ってみたら、「左源太」さんに案内されました。「右源太」さんより少し上流の方で、かえってちょっと静かで良かったかも。夏休みの土日で人がいっぱいでした。
川床料理は初体験。12〜13度くらい温度差があるとのこと。確かに涼しいです♡川に足をつけてみたら、冷蔵庫で冷やしたかのように冷たかった〜〜。ブログ用の写真を撮り忘れていて涼しげな写真なしです。

その後,下界に下りてきたら、京都市内はとにかく殺人的猛暑。その日のニュースで39.1度で,全国2位の暑さだったと言っておりました〜。
四条の虎やさんで,今年初の抹茶金時かき氷をいただいて,帰途につきました。
ちょっと詰め込み過ぎだったかなと反省しつつ,きっとまた次回の京都旅行も詰め込みそうな気がします (^^)/

関連記事

* ルーブル美術館展・草喰 なかひがし〜京都小旅行その2 | hidamari
* 糖質オフのレストラン「カフェ ハルディン」〜京都小旅行その1 | hidamari

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします