たっぷりの葉野菜をとってヘルシー食生活をはじめよう

野菜をたっぷり食べることの大切さ、特に生の葉野菜を食べる大切さは、世の中にたくさんあるいろんな「食事法」の中でもほぼ共通して強調されていることのような気がします。

でも、仕事をしながら,家事をこなし、育児をこなし・・、と忙しいとそうそう簡単にたっぷりとれるものではないですよねー。生の葉野菜という以前に,野菜自体がたくさんとれなくて悩みの種だったりしますよね。

でも一つだけ、それを解決する方法があります。

「グリーンスムージー」

グリーンスムージーとは、グリーン(生の葉野菜)とフルーツと水をミキサーで混ぜ合わせたジュースのこと。 グリーンは地球上で最も栄養豊富な食品であり、多くの生物がその栄養素に頼ってきました。 人間とDNA配列が99%同じとされるチンパンジーは、成人病にもガンにもなりませんが、その食生活はほとんどがグリーンとフルーツ! 現代人には圧倒的に不足している、グリーンを効率的においしく食生活に取り入れるため、アメリカの著名なローフードの実践者であるヴィクトリア・ブーテンコ氏が提唱したのが、緑のジュース、グリーンスムージーです。グリーンスムージーをはじめよう!

-参照: CREA WEB – 文藝春秋crea.bunshun.jp/articles/-/591

グリーンスムージーを飲みだしてちょうど4年になります。

きっかけは、夫の糖尿病予備軍を食事で何とかしたくてでした。おかげさまで、薬を飲まないままで血糖コントロールOKになっています。あと、実は私もがんサバイバーだったりするので、免疫力アップの為に食事に気をつけたいと思っていました。“人は食べる物でできている”のです。

手軽で、美味しくて、効率よくたくさんの緑の野菜とフルーツを毎日取ることができます。風邪もひかず、パワフルにお肌の調子も良く過ごせています。他にも糖質制限をしたり、いろいろとしていますけど、グリスムがかなり大きいと思います。

ただ、このグリーンスムージー、デメリットもあるようです。
その一つが、硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)問題。詳しくはここでは述べませんが、いろいろと調べてみたところ、「緑の野菜をたっぷりとることが病気の改善、健康増進に役立つというデータ」は実際たくさん発表されてますし、発がん性物質(硝酸態窒素問題)の方はどの程度問題なのかはっきりしたデータはまだ有るわけではないようなので、天秤にかけた時、グリーンスムージーをとったほうがいいという結論を私なりに出しました。

硝酸態窒素の危険性についての学界の評価が載っているので、関心が有る方はこのページなど見てみてください。
http://www.foodwatch.jp/primary_inds/whatisgood/27889

グリスムなしでは、こんなにたっぷりの緑の野菜、果物をとることは今の生活の中では無理なので、グリーンスムージーを取り入れるメリットのほうが大きいと判断しました^^

葉野菜は有機の物をできれば使うけど、足りなければスーパーの物も気にしません。
ただ使う前には,必ず「50度洗い」はするようにしています。

他に予防策があれば,ぜひ教えてくださいませ〜。

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。