私の乳がん体験3〜「切らない乳がん治療」〜

前々回前回と、「乳がんがわかってから、放射線治療の植松稔医師を紹介されたところ」までお話ししました。

植松稔医師は、「3次元ピンポイント照射」の開発者です。

3次元ピンポイント照射とは

それまでの放射線治療とは違って、病巣に3次元的に多方向から放射線を放射し、集中的にがん病巣を狙い撃つ方法です。病巣に多くの放射線を当てることが可能になって効果的に治療ができるようになりました。周辺の正常細胞へあたる放射線量は少ないため、大きな副作用はありません。1994年から防衛医大で、3次元ピンポイント照射で、がん治療をされていました。
そしてさらに呼吸によるがんの位置変化を追跡するという時間軸を加えた、「4次元ピンポイント照射を開発し、治療の場を鹿児島へ移されたのが、ちょうどこの年、2006年でした。
私は本当についていました。感謝。

◯2006.8.24
「UASオンコロジーセンター」(厚地脳神経外科クリニック4階・センター長植松稔)受診。
当初、私はこちらで「乳房温存手術後の、放射線照射」を受けるつもりでした。
ところが、植松医師より、そのピンポイント照射によって、手術に代わる乳がんそのものの治療ができること、実際に防衛医大で乳がん治療の実績が多数あることを説明してもらいました。

この日の受診で、私の乳がんもそのピンポイント照射で治療が可能であることを確認していただき、結局、湘南の病院の手術はお断りして、植松先生のピンポイント照射で「切らない乳がん治療」を受けることに決めました。近藤医師にも手紙で、やりとりさせていただき、「ピンポイント照射までしなくても温存手術で良いと思うが、希望するならどうぞ構わない」というような内容のお返事をいただきました。

「UASオンコロジーセンター」は現在、「UMSオンコロジークリニック」に名称変更されたようです
鹿児島中央駅から、市バスで7分徒歩1分。市電では6分徒歩5分くらいだったかな。
とても便利なところにあります。

とてもがんの治療施設とは思えないような、ちょっとおしゃれなホテルフロントのような明るい雰囲気の施設でした。待っている患者さんたちも付き添いのご家族も、本当にがん患者さんなのだろうかと思うような感じで、穏やかな雰囲気です。

この時は、植松医師は、厚地脳神経外科の厚地医師のバックアップのもと、「4次元ピンポイント照射」での開業準備中で、10月の本格的開業を待っての治療になりました。
しこりを見つけてから、8月の時点ですでに9ヶ月が経過していました。
大丈夫かと心配もありましたが、6月に乳がんとわかってからもしこりの大きさはほとんど変わっておらず、「10月まで待っても何の心配もない。進行の早いがんであれば、とっくに大きくなっている」とのことでした。
実際に10月の時点で、ほとんど?全く?大きくはなっていませんでした。

10月4日から25日間の放射線治療を受け、その後半のどこかで5日間のピンポイント照射も受けるという計画でした。

治療開始を待っている間に、植松医師の著書も読みました。
「明るいがん治療」

明るいがん治療―切らずにピンポイント照射
植松 稔
三省堂
売り上げランキング: 242,328

 

その後「明るいがん治療2」「明るいがん治療3」「抗がん剤治療のうそ」も出されています。

明るいがん治療〈2〉身体に優しいピンポイント照射
植松 稔
三省堂
売り上げランキング: 379,333
明るいがん治療〈3〉「明るいがん講座」30話
植松 稔
三省堂
売り上げランキング: 171,280
抗がん剤治療のうそ ~乳がんをケーススタディとして~ (ワニブックスPLUS新書)
植松 稔
ワニブックス
売り上げランキング: 125,518

 

ぜひ、読んでみてください!

がんと直面した時、ちょっと深呼吸する余裕が生まれます。
メディカルリテラシーを上げることができます。

次回へつづく

*5回に分けて書きましたが「まとめ記事」もあります、こちら↓

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします