服薬ケア研究会第5回大会 帝京大学にて!(2015.9.22-23)〜「踏み出せあなたの一歩〜本物の医療をめざして」

服薬ケア第5回大会!

服薬ケア研究会の、年に1回の大会が、9/22・23に、帝京大学でありました。毎回、熱くて感動の大会になるのですが、今回はいつもとは少し違ったと言うか、より広がりのある新鮮な感動をおぼえる大会でした。

薬剤師だけでなく、いろんな医療者が集まった

今までは薬剤師だけの勉強会だったのですが、今回は、大会長比留間さんの異業種のつながりを生かして、医師、介護士、看護師、理学療法士、一般の方など、たくさんの方々が参加して、発表もしてくださいました。
こんなにも、強い想いで頑張っている仲間がいるのだと、心が熱くなりました。
多職種が連携して、チーム医療を行なう重要性が叫ばれている今、とても有意義な時間を持てました。
たくさんの人と人の新たなつながりができた大会でした。

人の心に寄り添う

「人の心に寄り添う」というのは、医療者にとって大切な課題です。
介護者を支援する事業を、一人で起業されている、橋中今日子さん(介護者メンタル協会)の「その人の心に寄り添う挑戦」というお話が、特に心に残りました。(ブログ参照 介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント

教育講演は、「今、医療者に求められるコミュニケーション」ということで、プロの西任暁子さん!西任暁子さんはスピーチコンサルタントの先生です。
ここでも「人の心に寄り添う」というキーワードが何度も出てきて、『寄り添うコミュニケーションの取り方』としてO(observe)F(feeling)N(needs)R(request)の紹介がありました。実践的な内容で、すぐに使えそうなコミュニケーション技術でした。ここでは詳しくは割愛しますが、著書に「ひらがなで話す技術」「話すより10倍ラク!聞く会話術」などがあります。

「コレステロールは下げた方がいいのか?」

私も一般演題で発表させていただきました!
「コレステロールは下げた方がいいのか?」
内容は、このブログでもアップしている、コレステロールについてのNo.0〜No.14をギュッと8分間にまとめたものです。
よかったら、以下を覗いてみてください。

◉「コレステロールって下げた方がいいの?下げなくてもいいの?No.0

服薬ケア研究会とは

服薬ケア研究会は、私がかれこれ12年前から所属し、勉強させていただいている勉強会で、薬学的知識と医療者としてのコミュニケーション技術を両輪に、本物の薬剤師、真の患者さん中心の医療をめざす勉強会です。
そして、5年後の第10回大会となる頃には、『学会』になることを目指しています!!
会頭は、服薬ケア研究所所長の岡村祐聡先生です。POS、SOAPや患者応対技術などの著書が、たくさんあります。SOAPの書き方に迷っている方がいらしたら、是非オススメの著書です。

服薬ケア研究会

服薬ケア研究所

著書:
今度こそモノにする 薬剤師のPOS
患者応対技術の実践法
SOAP パーフェクト・トレーニング
SOAPパーフェクトトレーニングPart2

SOAPの書き方に迷っている方へオススメ!

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。