「養生ナイトカフェ第4回」in 大阪 開催しました!〜薬膳士、鍼灸師、薬剤師(糖質制限)

4回目、開催です

薬膳指導士の眞理子さん
鍼灸師のなごみさん
わたくし糖質制限歴10年の薬剤師なおこの3人で、
2019.7.4   4回目の『養生ナイトカフェ』を開催しました!!

場所は、いつもの眞理子さんのレンタルルーム刻屋さんです。

私自身も、薬膳の考え方、薬膳メニューがじわじわと生活に浸透しつつあり、糖質制限生活がより豊かに進化しています!
食生活は、毎日のことですが、忙しい中一人でやっていてもついつい同じ食材になったり、偏りがあっても気づくことも難しい。おかげさまで、メニューに広がりが出てきました。

今回のテーマは

「夏の食養生+糖質制限」です!
なごみさんより

夏場は汗を大量にかきます。
汗をかくと電解質が失われるので、塩分を摂れとはよく言われます。
汗をかきすぎることで、実は鉄も失われるのです。
激しい運動によって貧血が起こることがあるのは、鉄が失われるからです。

夏に負けない身体になれる食事をご一緒に!

今日のメニューは?

①鳥手羽元のスープ

②ゴーヤチャンプル

③納豆のネバネバ和え

ココナッツロングクッキーココアココナッツクッキー

お料理は、すべて料理研究家の眞理子さん提供。
そして、デザートにはいつもの糖質制限クッキー2種類を用意しました♡


参照)「日本人の食事摂取基準」(2015年、厚生労働省)に示す推定エネルギー必要量の範囲

ココアココナッツクッキー1枚 糖質 1.3g
ココナッツロングクッキー1枚 糖質 1.0g

感想ほか

鳥手羽元スープは、今話題のボーンブロススープ。
2〜3時間ことこと煮込む必要があるのがハードル高いけど、ビタミン、ミネラル、たんぱく質等の良質な栄養素がいっぱい。
納豆はよく食べますが、ゴーヤやワカメもしっかりメニューに入れていきたいです。

今回のメニューは、
糖質 7.9g(クッキー2枚含むと11.1g)
20g以内におさまっていてスーパー糖質制限食(つまり糖尿病の方でもOK!)
タンパク質  57.9g( 〃 61g)
タンパク質は1日(体重×2)gくらいが理想とすると、1食でこれだけあれば十分。
カロリー 738.5kcal( 〃 863.7kcal)
私の場合、1日2食である上に、ホットクックやヘルシオオーブンで油を使わない料理が多くて、カロリー不足になるので、朝はココナッツオイルを摂る、ランチのサラダには亜麻仁油(ω3)をかける、おやつにのりバターやコーヒーバターを摂るなどカロリー、脂質不足にならないように工夫しています。

 

いつものことですが、本当にお腹いっぱいになりました!
美味しかった♡眞理子さん、おごちそうさまでした!

*眞理子さんのレンタルスペース「刻屋」についてはこちら。

*鍼灸師なごみさんのお店はこちら。

この記事を書いた人

なおこ

なおこ

京都市内在住の薬剤師です。
仕事の中での気づき、想うこと、服薬ケア研究会での深い学び、糖質制限食などの食に関する学びや私なりの知見を発信しています。
好奇心旺盛、学ぶことが大好きなので、その他にもいろんなテーマで誰かのお役に立てそうな情報も発信中。